blog list

Elegant wedding

ご結婚誠におめでとうございます!

12月上旬

冬の澄んだ空気の青空の中、またひとつ新たなご夫婦が川地家で誕生されましたご結婚式をご紹介させていただきますね。

元々5月に結婚式を行うご予定だったお2人のご結婚式

緊急事態宣言を受け仲のいいご友人とご親族をご招待され行う予定でしたがご親族様のみの規模に縮小し延期の時期も迷われましたが12月に延期をされる事を決断しました

” THE 披露宴 ”というみんなでわいわい演出盛りだくさん!という披露宴ではなく

コロナ禍でもお2人の為にお越しいただいたゲストの方々に感謝を伝えたいという想いの新郎新婦様

1つ1つこだわりながら約1年間準備して参りました

KAWACHIYA(川地家)

衣裳は新婦様の170センチという高身長に合わせてマーメイドラインと刺繍が美しいウェディングドレスをお召しになられました

KAWACHIYA(川地家)

KAWACHIYA(川地家)

KAWACHIYA(川地家)

披露宴会場はホワイト・ワインレッドにカラーを統一し

メインテーブルとゲストテーブル・ケーキ花は大人なドライフラワーを使用しとても美しく華やかなコーディネートとなりました

KAWACHIYA(川地家)

KAWACHIYA(川地家)

 

披露宴ではオリーブの木を使った植樹の儀を行いました。

おひとりおひとりとの会話を楽しむようにとワゴンに鉢植えと土を一緒に周りテーブルラウンドをされました。

ゲストの方々にも喜んで頂けてとっても素敵なお時間となりました。

 

植樹の儀とは世界中の結婚式で昔から行われている
伝統式なセレモニーです。
もともと木というものは、家族や子孫繁栄の象徴とされ、中でもオリーブの木は「夫婦の木 」
「 幸せを運ぶ木 」とも言われています。

平和を象徴するオリーブの木を植えることには
「結婚式に来てくださったみなさまが、これからも平和で幸せな日々が過ごせますように、、」という素敵な願いも込められています
お二人はこれから建てる新居のお庭にこのオリーブを植えるそうですよ。
ちなみにヨーロッパでは、オリーブの木を玄関に飾ると魔物などの悪い気から守る魔除けになるといわれています。

KAWACHIYA(川地家)

ご両親様にお贈りする記念品の贈呈はそれぞれのお母様をイメージして作られたドライフラワーが添えられた子育て感謝状にされました

お父様にはそれぞれお好みの品をプレゼントされました

 

この時代だからこそ少人数の結婚式になる事が多くなってきていますが

人数が少ない分おひとりおひとりの事を大切に思えより感謝の気持ちが表れる結婚式

コロナで考え方が変わり嫌な事ばかりではないなと思えるような結婚式になりました

皆様もポジティブに一緒に乗り越えていきましょうね