blog list

幸せを運ぶ〜縁起の良い動物たち〜

こんにちは。

本日も川地家のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます

本日は「幸せの象徴」とされる、

縁起の良い動物

について紹介いたします。

「ウェルカムスペースに何を飾ったらいいのか悩んでいる」
「ペーパーアイテムなどに動物モチーフを取り入れたい」
「前撮りにオリジナリティを出したい」
という方はぜひ参考にしてくださいね。

 

まずはご存知の方も多いと思いますが、「鶴と亀」
鶴は千年、亀は万年という言葉があるように、
ゲストの皆様の長寿や、幸せが末永く続く事を願って、結婚式に取り入れるのも素敵ですね。

ちなみに鶴はとっても一途で、夫婦となったら一生を共に過ごすそうです。

新婦様の色打掛に、鶴が描かれたデザインがあるように、鶴はまさにお祝い事の象徴ですね。
折り鶴シャワーとして、新郎新婦にゲストから祝福の折り鶴が舞う様子は、幸せいっぱいの瞬間です。

次にご紹介するのは、「鳩」や「蝶々」
鶴と亀はどちらかというと和風なイメージですが、鳩や蝶々ならさまざまなテーマの結婚式に取り入れやすいのではないでしょうか?

鳩は「平和の象徴」
鳩は旧約聖書のノアの方舟に、神と人間の和解のシンボルとして登場することから、世界的にも平和の象徴として広く知られています

実は「永遠の愛の象徴」でもある鳩、
さりげなく会場コーディネートに鳩をしのばせるのも素敵です。

また「蝶々」は幼虫から美しい成虫へと変化を遂げる事から、「変化と喜びの象徴」とされます。
こちらも新婦様の色打掛の柄に取り入れられる事がありますね。
会場のあちらこちらに蝶々のモチーフを飾る事で、幻想的でナチュラルな雰囲気を演出する事ができますよ。

次にご紹介するのは、「うさぎ」
とっても愛らしくて、たくさんの方から愛されているうさぎ、
ぴょんぴょんと飛び跳ねる姿から、「どんな困難も乗り越える」という意味があるんです。
またうさぎは子沢山でも知られており、「子孫繁栄」の象徴でもあるんですよ。

うさぎのぬいぐるみやオブジェをウェルカムスペースに飾ったり、前撮りでぬいぐるみをふたりの手に持ったりする事で、とっても可愛いらしい雰囲気を演出する事ができます。

本日ご紹介させていただいた「縁起の良い動物」は、
「鶴と亀」「鳩」「蝶々」「うさぎ」でしたが、世界には他にもたくさん「幸せの象徴」の動物たちがいるんです。

ぜひ自分たちにぴったりの幸せの象徴を見つけてくださいね。

幸せの象徴をどのように結婚式に取り入れようか悩んでいる方は、お気軽にプランナーにご相談くださいね。

これからご結婚式をされる新郎新婦様の式当日が、幸せに溢れた1日になりますように…

最後までご覧いただき、ありがとうございました。