blog list

共に過ごす時間

今まさに結婚式にむけて準備中のおふたり
さぁこれから会場を探すぞ〜!と考えているおふたり
結婚式当日ゲストと共に過ごす時間について具体的にイメージしたことはありますか?


ざっくりとしたタイムスケジュールですと
会場入り→お支度→挙式→アフターセレモニー→披露宴→お見送り
以上の流れとなります
こうして書き出してみるとびっくりするくらい、さら〜っとして見え

意外なほどシンプルな印象を持たれるかもしれません


確かにおおまかな時間の運びとしては先ほど紹介した内容で間違いはありません
ただ、それぞれの時間をどう過ごすかによって中身は変わる可能性があります
とは言えどうイメージすれば良いのか?
まずは自分たちの結婚式で何を大切にしたいかを

いろいろ案を出し合ってみるのがおすすめです
これは会場を検討中のおふたりにも会場を決めるうえでの

判断材料になるのでぜひ話し合ってみてください

おもてなしの美味しいお料理?
華やかなふたりのお披露目?
楽しめる演出?
写真をたくさん撮りたい?
などなど

もちろん全部叶えたい!

と言いたいところですが時間は限られていることがほとんどです
その限られた中で何を優先したいか

おふたりが大切にしたいものをしっかり話し合ってくださいね

ここで私が自分自身の結婚式で取り入れたこと

大切にしたことを話したいと思います


私はとにかくゲストみんなと写真やおしゃべりが出来ることと

美味しい食事を味わって頂ける披露宴を目指しました
挙式後のアフターセレモニーでの写真タイムだけでなく

挙式前にお披露目タイムを設け写真タイムを兼ねました
受付中のロビーにお邪魔したのです
挙式の入場まで花嫁姿をヒミツにしたい場合は難しいですが

実際挙式前にお披露目タイムを設けたことでより多くの方と

より自由におしゃべりしながら過ごせました


特に披露宴前にお色直しなどを予定している方におすすめです
お色直しはどうしてもお時間を頂きます
時間を作るためどうしてもカットされる時間が出てしまうことは避けられません
でも写真も撮りたい!そんな時はお支度が整ったらご挨拶&お披露目しがてら

ゲストとの時間を楽しみましょう


それから私が絶対に撮りたかった写真が『家族写真』です


新郎新婦と両家揃っての写真ももちろんステキですが

私はそれに加えて新婦1人と新婦の家族のみの家族写真を撮ってもらいました
(もちろん新郎側も同様に撮りましたよ)
これから新たにスタートする家族だけでなく

これまで共に過ごした家族の写真も記念の日に残したくてリクエストした1枚です


ちなみに今でも実家に飾ってくれてます


そして、ゲスト皆さんが楽しみなお食事
せっかくのお料理も落ち着いて、ゆっくり食べて頂けないのは残念です
披露宴でもスケジュールの中に写真タイム兼歓談お食事時間を設けました
これは実際に今までお手伝いさせて頂いた結婚式を見たうえで

組み込んだスケジュールです
「時間があれば写真タイムとりましょう」と予定して

ゆったりとれたケースは少なかったからです
まったくとれない訳ではないですがどうしてもお応え出来ず

撮れないケースも多々見て参りました
なのでせっかく希望して近くまでお越し頂いたゲストをお断りして

お席に戻ってもらうことを極力減らすようにと考えて

披露宴中にも歓談写真タイムを作りました


「歓談は特になにもしていない時間」と言う捉え方ではなく

歓談&写真タイムもひとつの「演出」として捉えました

それに加えてテーブルごとに挨拶まわりをしながら写真も撮らせてもらいました
写真を撮っていない方々はお食事をゆっくり食べられますし

ゲストみんなとの写真も確実にゲット出来ます
さらに実際テーブルをまわって感じたのは

お互いのゲストとの会話のきっかけ作りになり

コミュニケーションをとれました!

もちろん結婚式をおえて、こうするのもアリだったなーと思うこともありましたが
こうしておけば良かった…と言うネガティブな思いや後悔はありません
こんなポジティブに後悔することはなかなかありませんよね
そんな風に思える一日が過ごせたことは幸せなことだったと今でも思います

結婚式を控えたみなさん!
こうしておけば良かった…とネガティブな思い、後悔をしないように

しっかりと話し合って当日を迎えましょう


そして幸せな一日を過ごしてくださいね