May 2, 2020

【和装】伝統柄とその意味


5月そしてゴールデンウィークに入り、気候も暖かくすごしやすい季節ですね。

お出かけしたくなる気候ですが、今はおうち時間を楽しみましょう!

 

今日は花嫁衣裳の柄についてのお話。

さまざまな柄や文様がほどこされ、艶やかにそして華やかにお着物を彩っています。

その柄や文様にもそれぞれ意味があるのをご存知ですか?

いろいろな種類がありますが一部をご紹介。

 

 

*鶴*

和装では大変多く使われ、古くから愛され続けている鶴。

長寿を意味する事は有名ですが、向かい鶴などは「生涯添い遂げる夫婦円満を表す」とされ

夫婦にとってとても縁起の良い柄とされています。

 

 

*孔雀*

豪華な見た目をしているのが「孔雀」

孔雀のオスは尾羽の美しさを示すことで自分が健康で強い遺伝子を持っていることをアピールします。

「人々の災厄や苦痛を取り除く功徳」があるとされ信仰の対象となり

「孔雀明王(くじゃくみょうおう)」という神様が誕生するほど遥か昔から人々に愛されているのだとか。

 

*梅*

梅の花は寒さを耐え忍び、春一番に美しい花を咲かせるお花。

そこから「忍耐力」「美しさ」の象徴とされ、「厳しい状況でも笑顔を絶やさない」という意味。

また「うめ」→「産め」ということで安産への願いもこめられているとか。

 

*菊*

昔から薬として使われていたことから、「不老長寿」「無病息災」の意味があるとされています。

形もキレイで香りもよく、日本皇室の紋章としても用いられる尊い花なので

「気高さ」などの象徴でもあります。

 

*桜*

桜は日本の国花で、昔から日本人に愛されている花。

農家の人々が桜の開花を種まきの時期の目安のひとつにしていたということもあり

「実り」「五穀豊穣」の神が宿る花とされていたのだとか。

「人生のスタート」を意味する、季節問わず使える吉祥文様です。

 

*牡丹*

鮮やかな牡丹の花は、「幸福」や、地位や身分が高く裕福なことを表す「富貴」の意味があるのだとか。

人を守護してくれる文様ともいわれ、現代でもあらゆる工芸品に用いられているお花のひとつです。

 

*熨斗*

熨斗とは何かと言うと、実はアワビを薄く伸ばしたもの。

古来アワビは百年生きると言われており、長寿を象徴する食べ物でした。

熨斗はそのアワビを薄く伸ばして作るためその工程に「縁を伸ばす」という意味を重ね

更に長寿の祈願の意味も込めお祝いの品に添えていたのです。

そんな縁起物の熨斗を束ねるという、なんとも贅沢な文様なのです。

「おめでたい」「高級」「華やか」などの意味がある、縁起のいい柄ですよ。

 

*花車*

貴族の乗り物だった「牛車」に、四季の花をつんだ柄が「花車」です。

色鮮やかな四季の花をふんだんに描いた華やかな文様。たくさんの花は「しあわせ」の象徴で

それを二人に運んでくるというとても縁起のいい柄です。

 

 

和装をお考えのお客様は柄の意味なども含めご検討されるのはいかがでしょうか?

 


 
 

Archives

全ブログ一覧(335)