Mar 3, 2020

ひな祭りには何を食べますか?


こんにちは

本日も川地家のブログをご覧頂き誠にありがとうございます

 

本日3月3日は【ひな祭り】ですね

女の子の健やかな成長を祈り、雛人形を飾ったりちらし寿司などを召し上がるご家庭もあるかと思います

 

そんなひな祭りの日に食べられることの多いお料理は【縁起が良い】とされるものばかりなので本日はそちらを紹介させて頂きます

 

【はまぐりのお吸物】

はまぐりは対になっている貝殻でないとぴったりと合わさることがありません

そのため「夫婦」をあらわすと言われています

「ひとりの人と仲良く添い遂げるように」という願いを込めて食べられるそうですよ

 

【ひし餅】

華やかな色味が魅力のひし餅もひな祭りにイメージされる方が多いのではないでしょうか

赤・白・緑の3色が一般的ですが実はそれぞれの色にも意味があるんですよ!

解毒作用のあると言われるクチナシの花から作られる「赤」は魔除けを

血圧をさげる効果のあるひしの実から作られる「白」は清浄を

増血作用のあるヨモギから作られる「緑」は健康を意味すると言われています

 

【ちらし寿司】

ちらし寿司はひな祭りの王道ですよね

おすしは「寿を司る」という字をかくのでお寿司自体がお祝いの席で食べられる事が多くあります

それではちらし寿司の上に乗っている具材で代表的な具材をいくつかご紹介させて頂きます

海老→脱皮を繰り返して大きくなることから「出世」をあらわすと言われています、また、背中が丸いので「背中が丸くなるまで生きられますように」といった願いがこめられています

れんこん→穴があり「先の見通しがきくように」といった願いや種が多いため子沢山を意味するといわれています

豆→健康でマメに働けるようにといった願いがあります

 

ちなみにちらし寿司は川地家の結婚式でも「ちらし寿司入刀」といった形でよく登場します

こちらのお写真では海老がいませんが、具材もおふたりのお好みに合わせてカスタマイズが可能です!!

縁起物とされるちらし寿司に入刀しそれを皆様に振舞うのはいかがでしょうか?

 

また、ちらし寿司にはしゃもじで入刀される方も多くいらっしゃいます

しゃもじは「幸せをめしとる(つかまえる)」「幸せをすくう」と言った意味がありこちらも結婚式にはピッタリです

ファーストバイトにも使えますのでちらし寿司入刀をご検討の方はぜひ参考にしてみてくださいね!!

 

 

さて、本日はひな祭りに関わる食べ物のお話をして参りましたがいかがでしたでしょうか?

食べ物の意味を知ると、より食材に感謝して食事が出来るような気がします

 

本日も皆さまにとって素敵な一日になりますように


 
 

Archives

全ブログ一覧(321)