Feb 29, 2020

うるう年


本日2月29日はうるう年(閏年)

毎年ではなく4年に一度巡ってくるイメージをお持ちの方が多いのではないのでしょうか。

ふと、このうるう年が気になったので調べてみました。

 

そもそもなぜ4年に一度なのか?

平年を365日とする太陽暦で、地球の平均回帰年は約 365.242199 日。

(回帰年とは太陽が黄道上の分点と至点から出て再び各点に戻ってくるまでの周期のこと)

ずっと365日の暦にしてしまうと、徐々に季節と暦がずれるため

ほぼ4年に一度、2月に1日を足して実際の季節と暦がずれてしまわないように調整しているそう。

なるほど〜と、なりつつも気になる表現が、、、

 

「ほぼ4年に一度」

 

ほぼ???

 

私のイメージでは4年に一度、オリンピック的な感覚できっちり巡ってくる印象でしたが

調べを進めてみると必ずしも4年ペースではない!?

皆さまはご存知でしたか?私は初めて知りました。

 

詳しい計算方法は難しそうでしたので割愛させて頂きますが、

ある計算式、法則に従いうるう年を設定しているそうです。

ちなみに一番近い4年周期ではないうるう年は2094年の次、2100年が飛ばされて、2104年。

さらにその次は、2200年がうるう年ではなくなるそうです。

 

 

いやいや、だいぶ先ですね〜

 

こう見てみると100年ペースに何かが?と思いましたがそうとは限らず違う年もあるらしく、

なかなか複雑な設定でした。

そのタイミングに出会えて、意識していないと気がつかなさそうですね。

 

 

そんな4年に一度の本日も川地家ではご結婚式が執り行なわれました。

ご家族や大切な皆さまに見守られ夫婦の誓いをたてられました。

 

 

記念日がうるう年。

おふたりやご両家様だけでなくゲストの皆さまにもより印象に残るお日にちではないでしょうか。

そんな記念日となる一日。

いろいろな決め方があるかと思います。

誕生日の方、おふたりにとっての記念日(例えばお付き合いスタートの日など)、

ご両親の結婚記念日と一緒の日、語呂合わせ(11/22でいい夫婦)などなど。

もちろん、季節やお日柄などを重視なさる方やご参列の皆さまのご都合を考慮しお決めになる方も

いらっしゃるでしょう。

 

 

大切な一日だからこそ、おふたりでたくさん相談してくださいね。

そして、その大切な一日に行う結婚式が素敵な時間になるようにサポートいたします。

 

「人生に振り返りたくなる一日を」

そんな気持ちをもって今日も、そしてこれからも川地家は結婚式をプロデュースいたします。


 
 

Archives

全ブログ一覧(337)