Feb 11, 2020

結婚式での意味


こんにちは!

本日も川地家のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

みなさんは、結婚式の中での動作や演出などにそれぞれ意味があることをご存知でしょうか?

例えば、挙式の中での感動のシーンのベールダウン、バージンロードを歩くシーン、それぞれ意味が込められています。

本日はそんな一つ一つにどんな意味や言い伝えがあるのかをご紹介いたします♪

まずは、挙式でのシーンから・・・

 

ご新婦様のご入場の時の

「ベールダウンセレモニー」

にはどんな意味があるのでしょうか?

そもそも、ベールには「魔除け」という意味がございます。

古代ローマ時代の言い伝えで、ベールはさまよう悪魔から身を守るという意味があったそうです。

新婦様を悪いものから守るベールを、下ろしていただくベールダウンセレモニー

このベールダウンセレモニーでは、一般的にはお母様に下ろしていただくことが多いです。

ベールダウンには「新婦に行う最後の身支度」という意味がございます。

必ずお母様でないといけない!という理由は無いので、お父様やご兄弟がされるケースもございます。

ベールダウンセレモニーをするときに気をつけるポイントは・・・

少しかがんでベールダウンを行いますが、その時に猫背になってしまわないようになるべく背中はピンと伸ばすとより綺麗にお写真に残ります♪

 

お次に、ベールダウン後にお進み頂く

「バージンロード」

このバージンロードにも意味がございます。
バージンロードはご新婦様の人生を表します。

1歩進むごとに1歳、2歳、3歳・・・今までの人生を思い出しながら1歩1歩進みます。

初めて自転車を乗れた日、お母さんに反抗した日、友達とたくさん笑いながら過ごした学生時代。

そんな大切な日々を思い出しながら1歩1歩ゆっくりと歩いていただければと思います。

 

続いては、挙式中に行う

「指輪の交換」

指輪の交換はご存知の方が多いかと思います。

そもそも指輪は円になっていることから「永遠に途切れる事の無い愛情」そんな意味がざいます。

そこから、指輪の交換には、「永遠の愛を誓う」という意味がございます。

また、何故左手の薬指に指輪を送るのでしょうか?

それは、左手の薬指の血管が心臓に繋がっていると言い伝えられているからです。

お互いの左手の薬指に送りあうことによって、

「心を繋ぐ」そんな意味があるそうです。

本日は、結婚式でのさまざまな意味をお話しました。

どれも素敵な意味がありますね♪

その他にもたくさん意味がございますのでまたご紹介いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。


 
 

Archives

全ブログ一覧(321)