Sep 30, 2019

リングピローで愛の約束を!


皆様こんにちは!

本日も川地家のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

 

本日は結婚式にて指輪交換の際登場する【リングピロー】についてご紹介いたします!

 

リングピローとは、日本語に直訳すると「指輪の枕」となります。

古代エジプトでは装飾品を枕のような宝石台に乗せて、運ぶ際も手で渡す事が失礼とされたためクッションに乗せて運んでいました。

そのことが広く伝わり結婚式でもクッションの形をしたリングピローが使われるようになったと言われています。

 

リングピローは挙式の前、ただ指輪を乗せるのではなくリボンに指輪を通して蝶結びをして準備完了です!

こちらのリボンにももちろん意味があります。

リボンは「約束」を意味し、そのリボンに指輪を通して結ぶことは「永遠の愛を約束する」というロマンティックな意味合いもあります。これを知っておくと指輪交換がもっと特別なものになりますね!

また、リングボーイやリングガールの演出を取り入れようとお考えのお2人もいらっしゃるかと思います。お子様が指輪を運ぶ際に皆様の注目はお子様はもちろんリングピローにも集まりますので実は大切なアイテムなんです。

 

リングピローはクッション型だけではなく色々な形があります。

川地家ではフラワーコーディネーターがお2人オリジナルのリングピローをお花でお作りすることも可能です!

また、リングピローのレンタルも洋風デザイン・和風デザイン共にご用意しております♪

 

挙式での指輪交換の後はウェルカムスペースに飾ったりすることで挙式の際はゆっくり見ることの出来ないリングピローをゲストの方にもじっくり見ていただくことが可能です。

 

また、「リングピローって結婚式のときくらいしか使わないの?」という疑問を持たれるご新郎ご新婦様もいらっしゃるかもしれません。

でも実はリングピローの使い道はお2人の大切な未来にもございます。

お2人に将来お子様が産まれた際、リングピローを産まれてきてくれた赤ちゃんの初めての枕にし、その枕で3日間寝るとその赤ちゃんは幸せになると言われています。

お2人の幸せいっぱいの結婚式で使用されたリングピローを枕として使用することで赤ちゃんは「幸せに包まれて眠る」とされています。

また、お2人の結婚式のお気持ちをいつまでも思い出していただく事のできるアイテムとして部屋に飾ったりしてもお洒落ですよね♪

 

お2人の大切な結婚指輪を飾るリングピローについてのお話、いかがでしたか?

リングピローだけでなくお2人の結婚式で使用されたアイテム、飾られたアイテムはすべて思い出となります。

是非ご参考にしてみてくださいね!