Jun 29, 2019

VowRenewal 再誓い


挙式において 誓いの誓約書や 人前式での承認は

「愛情」から始まり 「感謝」や「尊敬」に形は変わりますが より二人の絆を強固なものへ変えていきます。

但し 現実はそのようなロジックには 嵌らないのも現実的です。

自分の考えを核とした行動は「正義」として疑う余地はありませんし 持続性を持っております。

しかし これが個々の人間がそれぞれの価値の違う正義感を持つと 相手の行動や言語を認められなくなり

対立や事件 大きくは戦争になって行きます。

 

「自分の正義を疑てみる!」

 

悪事をはたらく時 人は少なからず罪悪感を持っております。罪悪感は時として 反省するチャンスでもあり

相手の言動に耳を傾ける冷静・沈着さも兼ね備えており 自分中心でいた感情移入を 相手にも傾ける余裕も生まれます。

但し 正義を信じてやまない人は 罪悪感は微塵にもなく 心が覚醒するチャンスを逃してしまいす。

”忠言 耳に逆らう”と言います。

他人からの役に立つ忠告は 自分でも薄々気付いていた自身の弱点を 的確に忠告されると 腹立たしく思える事です。

深層心理に罪悪感を持っている証拠です。

腹立たしく思った時こそ 感情移入を相手側に置き 自分の正義や言動を疑ってみると

言い分を理解し 自分を律する行動をとり 勇気をもって忠告してくれた相手に感謝するようになれます。

「尊重」や「感謝」を再度表現した動画があります。

”Vow Renewal” (再誓い)で検索してみますと 長らく付き添ったパートナーに

感謝や尊敬の気持ちを込めて サプライズで 求婚さながら再度プロポーズをするといったものです。

いずれの動画も 以前より増して「愛情」「感謝」「尊敬」が深まっているのを感じます。

私も含め 多くの方は 恥ずかしさで抵抗があるかと思います。

一度に大きく表現するには抵抗がありますので 少しづつ小出しにして 表現する様に

努めて行こうかと思います。