Mar 3, 2019

7つの和コーディネート<卒花嫁レポ>


和婚、和コーディネート、和風アイテム。。。

「和」にこだわった結婚式をお探しの方へおすすめのご提案です。

 

一、ウェルカムグッズにはだるまを用意し、ゲストみなさまへ個々にオリジナルメッセージをご記入いただくのはどうでしょうか?

新郎新婦のお名前をだるまにいれていただいたり結婚式の日付をいれていただいたりとオリジナルだるまでゲストをお出迎えしてみましょう。

 

二.フラワーシャワーではなく手作りの折り鶴シャワーで挙式後のアフターセレモニーを盛り上げます。

両手いっぱいの折り鶴で新郎新婦をお祝いします。

カラフルな折り紙で手作りされると写真に写ったときもとっても映えます。インスタ映えですね。

挙式前の待ち時間にみんなで手作りしてもらうのもいいかもしれません。

 

三.披露宴会場のお花はダリアやピンポンマム、水引きを使用して和風コーディネートにはしてみてはいかがですか?はっきりとしたお色は新郎新婦の顔色も鮮やかに写してくれるはずです。

高砂のバックはナチュラルな木目調なのでこってりした和 というよりかは さわやかな和 になります。

各卓も和風で統一されてます。

 

四.だるまケーキでゲストの歓声も大盛り上がりです。

だるまの赤さはイチゴで表現し側面も網目状にすることでより凝ったデザインにしていただくのもおすすめです。

ケーキ入刀ではなく だるまの目入れを新郎新婦でやります。

おふたりでやると自然と笑顔になるのでいい演出ですよ。

 

五.川地家のガーデンではお菓子まきができます。

お菓子まきでしか出れないバルコニーから顔を出すとゲストからは歓声や手を振る姿が見受けられます。昔は家を出る前に近所の方へ配ったお菓子ですが、現代では挙式後に取り入れるところが多くなってまいりましたよ。

お菓子まきのラストは大きめのお菓子でゲストもびっくりしてくれます。

「こっち こっちーー!」と歓声があがるので新郎新婦も投げるところを迷ってしまいますね。

 

 

 

六.前撮りでは和室(櫻の間)にて白無垢、色打掛に紋付袴での撮影がおすすめです

時期によってお庭の景色もかわってきます。

今ですと紅い梅、白い梅が満開ですし、これからはこのお写真のように新緑と一緒に撮影ができます。

結婚式と違うシーズンで前撮りをするとウェルカムボードも当日の結婚式と雰囲気が変わり、ゲストへのおもてなしになりますね。

七.色打掛には扇子ブーケが人気です。

末広よりもさらにインパクトはあり、広げた扇子にお花もつきますのでより華やかになります。

ぜひ川地家フラワーコーディネーターとご相談くださいね。

 

みなさんいかがでしたか?

和風コーディネートといってもたくさんあってどれをやったらいいか分からない。。

そんなプレ花嫁さま、ご参考にしてくださいね。

ひとつめにご紹介したウェルカムグッズのだるまは結婚式を終えたおふたりがさらに目入れをして開眼することもできますね。

結婚式が晴れますように。。結婚式が無事に終わりますように。。

みなさんは何を願いますか?

その願いが叶うよう私たちも一生懸命サポートさせていただきます。

 

 

3月9日(土)10(日)もブライダルフェアを開催中

ご予約はお早めに。。

tel 0572-21-1551