Oct 30, 2017

ハロウィン


皆さんこんにちは!

本日も川地家ブログをご覧頂きありがとうございます

 

明日、10月31日はハロウィンです!

最近では子どもだけでなく大人も仮装をして楽しめる行事になりましたね

 

ハロウィンといえばかぼちゃですが、なぜハロウィンにかぼちゃなのか?と疑問に思った方もいらっしゃいますよね

少し気になったので調べてみました!

もともとはヨーロッパのケルト人の収穫祭が起源だそうで、ケルト人の習わしでは、11月1日が新しい年の始まりで、10月31日はその前夜となります
10月31日は収穫祭である同時に、あの世とこの世の境がなくなる日でもあるとされていたそうです

 

そして、死者の霊と悪霊がうろつくので、悪霊にいたずらをされないようにと、魔除けの焚火をたいたり、仮面をつけたりしていました

もともとは、カブをくりぬいて中に火を灯していましたが、かぼちゃをくりぬいて使用しはじめたのはアメリカ人だそうです!
また、怖い顔にくりぬくのは、悪霊を追い払うためです

 

中をくりぬいたあとのかぼちゃは煮たりして食べたいところですが、もともと観賞用のかぼちゃで作られているため食用には向かないそうです…

 

 

 


お客様にご用意いただくもの

[ 女の子・被布 ]

1. 着物
2. 長襦袢(必ず半襟をつけてきてください)
3. U首肌着
4. 足袋
5. 腰紐3本(腰上げしていない場合4本)
6. 草履
7. バッグ
8. タオル2本
9. 髪飾り(日本髪ご希望の方はかのこも必要)

 

[ 女の子・三つ身/四つ身 ]

1. 着物
2. 帯
3. 長襦袢(必ず半襟をつけてきてください)
4. U首肌着
5. 足袋
6. 腰紐3本(腰上げしていない場合4本)
7. 伊達締め2本
8. 帯あげ
9. 帯じめ
10. しごき
11. はこせこ
12. 草履
13. バッグ
14. タオル2本
15. 髪飾り(日本髪ご希望の方はかのこも必要)
16. 扇子

 

[ 男の子 ]

1. 着物(羽織・袴)
2. 長襦袢(必ず半襟をつけてきてください)
3. U首肌着
4. 足袋
5. 腰紐4本(腰上げしていない場合5本)
6. 草履
7. 扇子
8. 懐剣

 

×

お客様にご用意いただくもの

[ 振袖 ]

1. 着物
2. 長襦袢(必ず半襟をつけてきてください)
3. 肌襦袢 ※販売あり(一部式/3800円~)
4. 裾よけ
5. 重ね襟
6. 襟芯
7. 帯
8. 帯揚げ
9. 帯〆
10. 帯枕 ※レンタルあり(別途料金)
11. 伊達〆2本 ※レンタルあり(別途料金)
12. 腰紐5本 ※レンタルあり(別途料金)
13. 三重ゴム紐 ※レンタルあり(別途料金)
14. 前板(大・小/各1枚) ※レンタルあり
15. タオル5本 ※レンタルあり(別途料金)
16. 足袋 ※販売あり(1800円)
17. 草履 ※レンタルあり(別途料金)
18. バッグ ※レンタルあり(別途料金)

 

[ 男袴 ]

1. 着物(羽織・袴・羽織紐)
2. 帯
3. 襦袢
4. 襟芯
5. U首肌着
6. ズボン下
7. 腰紐2本
8. バスタオル1本
9. タオル2本
10. 足袋
11. 扇子

 

×