Apr 23, 2017

ウェディングケーキ


本日もKAWACHIYAのブログをご覧頂き誠にありがとうございます

突然ですが皆さんは疲れた時に食べたくなるモノはありますか?

私は断然甘いモノです!!!

基本的に食べること自体大好きなので甘いモノに限らずよく食べていますが。。。

そして結婚式場で甘いモノと言えばウェディングケーキ

最近ではさまざまなデザインのウェディングケーキが登場していますよね

そもそもウェディングケーキとはなんなの?

どんな意味があるの?いつからあるもの?

などなど。

こういった疑問の答え、皆さんはご存知ですか?

ウェディングケーキの歴史は大変古く、古代ギリシャまでさかのぼります

その頃のケーキは生きていくのに欠かせなかった主食の小麦で作られた

小さく堅いビスケットのようなものだったそうです

その後もスコーンやぶどうパンのようなものだったり

土地や時代により形は変わりますが

ウェディングケーキには豊かで幸福な人生への願いが込められています

そしてその幸福をみんなで分かち合おうという想いが込められています

幸せのおすそ分けという表現をされる語源はここからきているのかもしれませんね

ケーキ入刀後の最初の一口をお互いに食べさせあう光景もたびたび目にしますね

甘いシーンでもあるので取り入れる新郎新婦様も多いですが

これにももちろん意味があります

新郎様からの一口には「一生食べることには困らせない!」という想いが

新婦様からの一口には「一生美味しいモノを作ります?」という決意が込められているそうですよ

ラブラブなシーンを演出するだけではないのです!

そんな意味や想いをこめて贈る一口はより甘いんでしょうね?