ブログ

和装小物

本日もKAWACHIYAのブログをご覧頂き誠にありがとうございます

 

先日白無垢の由来や意味などをご説明いたしましたが

本日は和装小物についてお話したいと思います

 

 

白無垢などを着て頂く際に使用する和装小物

 

末広(すえひろ)、筥迫(はこせこ)、懐剣(かいけん)など

そして鬘(かつら)の場合は綿帽子(わたぼうし)や角隠し(つのかくし)

いろいろな小物が花嫁を飾ります

 

実はそのひとつひとつにも意味や由来があるのです

 

 

◇末広◇

花嫁が持つお扇子

広げた形が末広がりなので末広がり幸せになるようにという意味

 

 

◇筥迫◇

胸元の合わせにさす装飾品

もともとは懐紙やお香など化粧道具を入れる箱状の小物入れでした

 

 

◇懐剣◇

花嫁の帯にさす短剣

「女であってもいざという時には自分の身を守る」ための物

 

 

◇綿帽子◇

挙式を無事終えるまで夫以外の他の人に顔を見せないよう被る

 

 

◇角隠し◇

角は怒りの象徴

「自分の角を隠して夫に従います」という意味

 

 

 

こうして改めて小物の持つ意味を知ると

 

ひとつひとつに大切な想いが込められていますね

 

こうした想いや意味ひとつひとつを大切にしながら

 

お支度をすると少し背筋がピンとする気がしませんか?

 

すてきな和装で凛とした花嫁になりましょう